1月14日、PTA文化教養部主催でオペラのコンサートをしました。


地元の森の音楽館から、喜納響先生を招いてのコンサートです。

体育館後方から歌いながらの入場の演出

 

1年生も舞台に上げてもらいました。

 

テノールとソプラノに魅了されます

 
今回、来てくれたのは、
テノール:喜納響先生
ソプラノ:金城理沙子先生
ピアノ:金城吏美先生
の3名の先生方

普段読み聞かせをしてくれているお母さんもサプライズ出演

 

  プロの音楽家と夢の共演です。

 
オペラ 「ホフマン物語」のゼンマイ人形も演じてくれました。 
 

プッチーニの「誰も寝てはならぬ」
力強い歌声に圧倒されました。
 
   プログラム

・オペラ「椿姫」より、「乾杯の歌」(ヴェルディ)
・オペラ「ジャンニ・スキッキ」より、「私のお父さん」(プッチーニ)
・オペラ「トスカ」より、「星は光りぬ」(プッチーニ)
・オペレッタ「メリー・ウィドウ」より、「唇は語らずとも」(レハール)
・オペラ「ホフマン物語」より、「生け垣には小鳥たち」(オッフェンバック)
・オペラ「トゥーランドット」より、「誰も寝てはならぬ」(プッチーニ)
 「ニャ~オ」 アンコール曲は、
ロッシーニ「二匹の猫の滑稽な二重唱」 

とても盛り上がったコンサートでした。

 
オペラって楽しいものなんですね。
また次にもお願いします。